交流活動

  1. ホーム
  2. 国際交流に関わる活動

国際交流に関わる活動

2017/1 AIMS学生帰国

タイの学生は1月上旬に,インドネシアの学生は1月下旬に帰国していきました。名残惜しく,涙を流す学生もたくさん。きっと,生涯にわたって続く友情を得られたことでしょう。

2017/1/20 AIMSサポートサークルによるFarewellパーティ

LHOによる企画で送別会を開催しました。習字や手巻き寿司,たこ焼き作りなど盛りだくさん。帰国した今年度の派遣学生も参加し,交流の輪が幾重にも広がっています。

2017/1/16,20 AIMSプログラムラボワーク報告開,最終成果発表会

AIMSプログラムの第2回ラボワーク報告会と,最終的な成果報告会を実施しました。タイの学生は学期が1月上旬から始まるため,帰国済みです。残りのインドネシアの学生4名は第1回よりも発表が上達していました。最終成果発表会では,9月からの5ヶ月間が,彼らにとって本当に充実していたことを再確認できました。

2017/1/11-12 タイ3大学訪問

宮口教授,上妻教授とタイのカセサート大学,コンケン大学,キングモンクット工科大学トンブリ校を訪問しました。29年度から開始する国際食産業コースでの協力や,大学院のアジア展開農学コースでの協力について打ち合わせを行いました。

2016/12/21-1/21 AIMS派遣学生帰国

12/21にガジャ・マダ大学,12/28にカセサート大学,1/21にボゴール農科大学に派遣されていた学生が帰国しました。ご家族の迎えを受け,5ヶ月ぶりの日本は寒すぎます。

2016/12/17-18 第12回茨城大学学生国際会議

水戸キャンパスで開催された第12回茨城大学学生国際会議にAIMS学生やウインターコースの学生が参加しました。ボゴール農科大学のAIMS学生2名は口頭発表で表彰されました。

2016/12/15-16 AIMS Wrap-upプログラム

3大学の受入学生54名が阿見に集結し,各コースの報告やASEANの持続可能性を考えるワークショップを実施しました。今年度は首都大学東京の派遣学生も参加して下さいました。

2016/12/6 AIMSサポートサークル「LHO」による手巻き寿司パーティ

今年度から組織されたAIMS受入学生のサポートサークル「Let's Hang Out」が企画した手巻き寿司パーティです。AIMSを通した国際交流がどんどん広がっています。

2016/12/2 ボゴール農科大学農学部訪問

来年度のAIMSプログラム受け入れ学生を確保するため,本学のAIMSプログラムについて説明を行って参りました。数日前に日本でお会いした農学部長,副農学部長も一緒です。説明会には農学部および農業工学部食糧科学技術科から50名近い学生が集まってくれました。現在,食糧科学技術科で学んでいる本学の派遣学生も,茨城大学の魅力について語ってくれました。

2016/12/1 ガジャ・マダ大学農学部訪問

来年度のAIMSプログラム受け入れ学生を確保するため,本学のAIMSプログラムについて説明を行って参りました。説明会には農学部から40名近い学生が集まってくれました。2年前に本学でAIMS学生として受け入れた学生も来てくれ,成長した姿を見ることができました。

2016/11/29 ボゴール農科大学農学部一行が来日

ボゴール農科大学農学部からDr. Agus Purwito学部長とDr. Nurhayati Arifin副農学部長が来日しました。午前中は久留主農学部長らと懇談し,今後の教育研究の連携について議論しました。午後はインドネシア留学生と懇談しながら学内見学をした後,2年生向けの交流会を開催しました。ボゴール農科大学の充実した教育研究の紹介やAIMSプログラムの説明をした後,現在,ボゴール農科大学にAIMSプログラムで留学している3年生2名とオンライン接続して,現地の様子を伝えてもらいました。

2016/11/16 AIMS受入学生,ワールドキャラバン

AIMS受入学生7名が,茨城県国際理解教育推進協議会主催の「ワールドキャラバン」として,龍ヶ崎市の八原小学校を訪問しました。子供たちとの文化交流で国際理解に貢献できました。

2016/11/14-16 第10回AIMSレビューミーティング

マレーシアの首都クアラルンプールにて,AIMSレビューミーティングが開催されました。今年度から韓国が正式に参加し,ASEAN+3全体への拡大が意識された会合となりました。どの国も教育効果の高さに自信を見せていますが,プログラムを拡大していくための予算の確保が課題です。

2016/10/4 AIMS科目「環境変動適応・防災論」開講

AIMS科目がスタートしました。最初の講義はICASの田村准教授による環境変動適応・防災論です。

2016/10/3 2016年度AIMS受入プログラムガイダンス(専門教育)

共通教育期間を終えたAIMS学生7名が阿見キャンパスに戻ってきました。この日はスケジュールやラボ配属の確認,チューターとの顔合わせをおこないました。

2016/9/26 マレーシア国家大学の国際課担当者が来学

AIMSプログラムを通じて交流が生まれたマレーシア国家大学(UKM)の国際課担当者が急きょ農学部を訪問してくださいました。同大学とは食産業分野での連携も進めており,同分野の交流について議論しました。先週,インドネシアから帰ってきたばかりの2年生に,UKMの紹介を頂きました。

2016/9/14 2016年度サマーコース@ボゴール農科大学

農学部と盛んな教育・研究交流のあるインドネシアのボゴール農科大学(IPB)にて,9月14日から9月22日にかけてサマーコースプログラムを共同開催しました。茨城大学からは学部2年生12名と4年生1名が参加しました。全員,大きく体調を崩すこともなく,多くのことを学び,貴重な経験をし,インドネシアの学生との暖かい友情を得て帰国しました。

2016/9/6 2016年度AIMS受入プログラム・共通教育ガイダンス@農工大

農工大・茨大・首都大のコンソーシアムで受け入れるAIMS学生54名が農工大に集結しました。茨大の7名は9月まで府中に滞在し,3大学で開講する共通科目を履修します。

2016/9/2 2016年度AIMS受入プログラムガイダンス

今年度はインドネシア・タイから7名のAIMS学生が来日します。9/1までにボゴール農科大学,ガジャ・マダ大学,スリウィジャヤ大学から3名が来日し,ガイダンスをおこないました。来週はタイのカセサート大学から3名,ボゴール農科大学からもう1名が来日して,共通科目を受講しに農工大へ移動します。

2016/8/26 インドネシア・ボゴール農科大学へのAIMS学生派遣

農学部の3名がボゴール農科大学に到着しました。こちらもこれまでの交流実績は深く,多くの留学生が生活する国際寮での充実した生活が待っています。

2016/8/11 インドネシア・ガジャ・マダ大学へのAIMS学生派遣

農学部から3名がAIMSプログラム派遣学生としてガジャ・マダ大学に留学しました。今年度は8月初旬からセメスター開始となったため,前期試験の最終日翌日に渡航となりました。現地に到着してすぐに農学部修了のAni先生が迎えて下さり,多くの人に支えられて学習できることを実感できました。

2016/7/20 インドネシア・ジェンデラル・スディルマン大学一行が来日

農学部の佐藤国際交流委員長が中心となって交流を進めているジェンデラル・スディルマン大学の一行が来日しました。午前中は学長と会談し,午後は茨城中央園芸農協の藤田専務理事と農業研修生のコラボレーションについて協議,その後,水戸キャンパスに移動し,国際戦略室にてロータリークラブの皆さまとイチゴ生産技術の向上を通した農村支援について意見交換をおこないました。

2016/6/7 タイ・チェンマイ大学訪問

2015年度末に大学間交流協定が締結されたチェンマイ大学を訪問し,AIMSプログラムの連携開始を協議しました。環境科学や人文・工学系の科目が充実しており,農学部以外の学生にも魅力的なコース内容です。

2016/3/4 マレーシア国家大学訪問

AIMSプログラムに対応しているマレーシア国家大学を訪問しました。食糧科学技術科には充実した施設が整っており,今後の連携拡大が期待されます。

2016/3/3 タイ・メーファールアン大学訪問

食料科学技術分野でAIMSプログラムに参加しているメーファールアン大学を訪問し,AIMSプログラムや国際食産業コースでの協力を依頼しました。授業は全て英語で行われていて,学生のハンドアウトも英語で記載されていました。

2016/3/2 タイ・ナレスアン大学訪問

2015年度に農学部の視察に来日したナレスアン大学を訪問し,研究交流や教育交流について意見交換をおこないました。シンプルな街並みで,留学生にとっても生活し易そうです。

このページの先頭へ戻る