写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
写真8
写真9
写真10
写真11
写真12
写真13
写真14
写真15
写真16
写真17
写真18
写真19
写真20
写真21
写真22
写真23
写真24
写真25

アジア地域連携を基盤にした国際教育

コンセプト

アジア地域連携を基盤にした国際教育茨城大学では、21世紀に求められる「環境と調和した人類の持続的発展」のために、食料・生命・環境に関する幅広い基礎知識と専攻分野における高度な専門知識・技術及び研究開発能力を備え、地域・国際社会で自立的に問題解決ができる力を持った人材の養成を目指しています。

プログラム紹介

AIMSプログラム

アジアが「環境と調和した多文化共生社会の持続的発展」の道をたどるのかどうかは世界の未来を左右する影響があり、その実現に貢献することは、私たちにとって重要な課題です。
本プログラムでは、「アジアの持続可能な成長に貢献する地域リーダーの育成」を目標として、農業などの産業を取り巻く環境と地域社会の抱える様々な問題を解析し、持続可能な社会を実現するための自立的な問題解決能力を有するグローバル人材育成を目指します。

<農学部・理学部>

ダブルディグリープログラム

世界水準の教育を行う「大学」としての機能を発揮し、総合力を活かして一貫した教養教育と専門教育を行い、豊かな人間性と幅広い教養をもち、国際感覚を身に着けた職業人を育成することを目指しています。
アジアの大学との教育連携を通して、豊かな学識を持つ持続可能な社会と自然保全の担い手を育成し、高度専門職業人や研究者を養成する教育を行います。

<大学院農学研究科>

地域サステイナビリティの実践農学教育プログラム

「地域サステイナビリティ」とは、地域の自然と共生してきた先人達の知恵と考え方を確認し、その上に現在の学問を駆使して今の地域の課題を捉えなおすことです。「地域」の問題は国内に限定しません。
私たちは、地域を見る目を世界に広げて考えます。この教育プログラムでは、「サステイナビリティ」という概念の持つ多様性・国際性・学際性を理解し、社会への適用を検討していきます。
「地域サステイナビリティ教育」とは、地球の未来につながる地域社会の歩み方を考える力を育むものです。

<大学院農学研究科副専攻>

お知らせ

2016年012月04日
交流活動ほかをアップしました
2016年09月26日
交流活動をアップしました(UKM来日)
2016年09月26日
2016年度サマーコースをアップしました
2016年08月29日
交流活動をまとめてアップしました
2015年09月17日
留学生受入に関わる情報を詳述しました
2015年07月23日
交流活動をアップしました
2015年07月13日
AIMS派遣先大学のシラバスをアップしました
2015年05月29日
AIMS留学手続きをアップしました
2015年04月29日
リニューアルされました

お問い合わせ

〒300-0393 茨城県稲敷郡阿見町中央3-21-1
茨城大学 農学部 学務係

TEL.029-887-1261
FAX.029-888-8525
メールでのお問い合わせはこちら

(_at_を@に変換して下さい)

このページの先頭へ戻る